いろいろ

絵頭って何?

絵を描くという事

 

 絵を描くという事

絵を描くという事はなかなか大人になるとしませんね!そうなんです。その手の職業でないとなかなかしないのです。と思っていたら先日、日本赤十字のイベントをお手伝いした時の話です。表参道で行われたイベントの担当部署が総務部だったのですが、担当の池山さん(名前出してごめんなさい池山さん!)がほとんど絵で会話する人だったのです。「このイベントでこんな感じの物を作りたい!」「こんな感じ」とすらすらと絵を描いてくれたのです。もう一発でイメージ伝達終了です。細かい修正は数あれど、基本的なイメージはやはり絵で描いた方が早いと言う事を実感しました。また、池山さんは絵がうまかったのでよかったですが、わたくしのラクガキでも「あ!そんな感じです、絵うまいですね」ってほめていただきました!まーそれはそれとして絵というのは本当に伝える事が一瞬で通じるすばらしい手段だと感じた瞬間でした。ちらりと手帳をのぞいたのですが、手帳の中にはたくさんの絵が描いてありました。デザイナーやアーティストでなくても自分だけが人に伝える手段として絵を使っている人が身近にいる事を実感する瞬間でした。(挿絵はタヒチの空港で描いた太ったおじさんのラクガキです)