いろいろ

絵頭って何?

1分スケッチ

 1分スケッチ

簡単スケッチを毎日続けると、いつでもどこでもさらっと描けるようになります。私の研修の話はしたと思いますが、工事現場でじっとしている事は出来ません。次から次へと作業は進んで行くので考えている暇はありません。とにかく目の前にあるものを何をしているのか?どんな流れなのか?何が出来上がるのか?全くわからない現場へ放り込まれた私は、覚えるだけで必死でした。毎日朝7時前に出社。西馬込の社員寮から5時半に起きて出る毎日です。ついたらすぐに本日の行程チェック、、社員打ち合わせ、本日の段取り、作業確認、これを8時までにすませ、8時からラジオ体操、職人との打ち合わせ、行程チェック、などなどもう戦争です。17時にすべてが終わり、そこからが本日の行程チェック、明日の行程チェック、本日の日誌、などなど会社を出れるのが早くて10時、ほとんど24時近くなり、タクシー券をもらってかえる毎日でした。もちろん休みは日曜だけ!こんな中、どのように自分の事をしようか?出来るのは本当にスケッチぐらい。1分あれば良い方です。10秒ぐらいで描かなくてはそこで何やってんだ〜って頭領からも怒られます。下っ端は監督でも怒られます。そんな日々の中工程表にずっとラクガキを描いていました。もちろん秘密ですが!職人の技術を見る事もさながらついでにどんな流れなのかもしっかり記憶して、歩きながら描いていました。こんな状況でも自分が楽しめる事を考えていないとつらいのですね!よほど仕事が嫌いだったんだな〜とつくづく思います。そうでもしていないと本当に頭ん中が真っ白になっておかしくなってしまいそうな状況でした。ま〜今はそんな状況も無くなりましたがいま改めてスケッチを見ると、あそこの場所だとか、職人の笑顔まで浮かんできます。今思えばどんな仕事も楽しもうと思えば楽しめるのですね。「挿絵は階段に流し込んだコンクリートをサカンする職人」