いろいろ

絵頭って何?

さかなくんの説明がすごい!

さかなくんの説明がすごい!

 

あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

年が明けて6日がたちました。あっという間の1週間。

皆様新年の初夢は見ましたでしょうか?

私は富士山の頂上から降りてくる夢を見ました。なぜ降りてくるシーンなのかはわかりませんが、降りてくる途中で古い町に寄り道して、その町を見学して感動する夢でした。その後も4本立てぐらいの夢を見たのですが覚えているのはそれだけ。素敵な街だった記憶がうっすらとですが今も残っています。

さて話は変わりますが、年明けのバラエティー番組を見ている時にふと気付いたことがありました。それはさかなくんの絵に関することでした。

さかなくんはご存知の通り、東海大学で教鞭をとりながら全国各地でさかなの素晴らしさを伝え、バラエティー番組にも出演しる、マルチタレントといってもいい人物です。

さかなくんがさかなを説明をしている時に必ず絵を描いて説明するのですが、これが非常に伝わりやすくわかりやすいのです。一般的に人が説明をする時は、ことば巧みに解説をするか、文献や解説図を事例に出しすのですが、さかなくんの場合手書きの絵がメインなので、さかなの表情から色彩、動きに関する動作の構造や骨格までもが手にとるようにわかります。写真だと全体が見えてしまうのですが、絵は必要な部分を強調して抽出するため、理解をしやすいのだと思いいます。

いつもこの説明をTVで見ていると絵の持つ力は本当に強力だと確信を抱きます。特にさかなのようなどれも同種に見えてしまう生き物は、よく生体を知らない我々から見ると、きちんと絵を使って説明してくれるさかなくんの解説は、細かなパーツの違いや動作、泳ぎ方や特徴までもが生き生きと伝わってきます。またオスメスの違いや、食物連鎖の構造までも丁寧に解説をしてくれるので、ついふむふむと頭をもたげてしまいました。

このさかなくん式説明の方法は様々な分野でも活用できるのではないでしょうか?

絵を描くというより、絵を使用すると説明に一味もふた味もスパイスが加わること間違いないですね。わたくしも今年はさかなくんに負けないようにより多くの理解者を増やすべく絵頭を活用していきたいと思います。さかなくん方程式を活用してより解説の達人になりたいですね。

そんな件りですが、どうぞ本年もよろしくお願いいたします。